COLUMN
“コラム”
私の青春

私の青春

私の青春はここから始まりました。

大学行って早く田舎から抜け出したい!広い世界を観たい、都会に憧れた中学校三年時、進学高校を受験しようと勉強を頑張っていました。

大晦日合格祈願で訪れた亀岡文殊、絵馬に「興譲館高校合格」と書こうと思ったらなんと、肝心の「興譲館」が書けず、とっさに思いついた「米沢中央高校特別進学科合格!」と書きました。

これが運命!今となっては米沢中央高校に入って本当に良かった!心から思えます。

高校時代は最初の一日だけ憧れのサッカー部に入って練習したが、中学校からサッカーやっていた奴には敵わない、と直ぐに方向転換。

小中とやっていた野球部に所属しました。

昔から常にポジティブで切り替えの早さが持ち味でした。

高校時代は特進と運動部、そして高畠町から米沢まで自転車通学を三年間続けました。

この辛く苦しいハードな経験が私の根性を芯から鍛えあげました。

今でもどんな困難に打ち当たっても、高校時代のこの経験に比べたらなんとも思わない、そんな「強い自分」を作り上げる事が出来ました。

死ぬ程受験勉強を頑張り、念願の神奈川大学経済学部経済学科に進学する事が出来ました。

夢の都会生活の始まり始まり。

しかし田舎者の私が思い描いていた大学一年生の都会生活は非常に厳しいものでした。

大学よりも渋谷バーテンダーのアルバイトの方が面白くて、すぐに学校に行かなくなっちゃったのです。

なんと一年目で挫折、大学を辞める決心をし、退学届を持参し学生課から親に報告したら、「待て!取り敢えず休学届けにしろ!」と叱られ、直ぐに方向転換し休学届けを出しました。

そこから一年間中目黒の洋食屋さんでコックをし、その間に調理師免許も取得、辛い見習い経験を乗り越え、心を鍛え上げ直した私はバージョンアップし大学に復学しました。

大学に戻ってからは、大好きな浜田省吾が所属していた軽音楽部でバンドのボーカルとして活動する傍ら、ローラースケートサークルにも所属した私は、練習を重ねてムラサキスポーツ専属プロスケーターとして雑誌やテレビでの仕事も頂けるようになりました。

当時の国民的アイドル 「光GENJI」とミュージックステーションで共演させて頂いた経験は私の宝物です。

ロンドンミュージカル「スターライトエクスプレス」の世界オーディションに見事合格し、本格的にプロのミュージカル俳優として活動、横浜アリーナや大阪城ホールなどのビックな会場の全国ツアーに参加、ミュージカルでは川崎麻世さんが演じていた「新幹線ハシモト」の役を頂く事も出来ました。

ミュージカル後は、テレビ朝日系「アイドル共和国」でSMAPとレギュラー共演も果たしキラキラしたアイドル時代を過ごしました。

そんなアイドル時代後は振付師、舞台プロデューサーとしてエンターテイメントの世界で活躍させて頂き、ふるさと山形に帰郷後は、プロとして活躍した経験を生かし、地域を元気にしたい!みんなを笑顔にしたい!その思いでミュージカルアーティスト「加藤マチャアキ」が地元デビュー。

山形県内は元より全国でシンガーソングライター&ダンサー&ローラースケーター&ラジオパーソナリティー&高畠のラーメン屋のおやじとして様々な活動をしています。

今、コロナで大変な時代ですね。私もほとんどのイベントがキャンセルになり歌手としての活動が出来なくなりました。

実家の高畠のラーメン屋はやっと営業再開し毎日ラーメン屋のオヤジとして頑張っています。

ステイホームで家族と一緒に居る時間が増え、三人の子供たちとは毎日公園で様々なスポーツをしながら身体を鍛えています。

これから始まる新しい時代に向けて工夫し準備しながら、家族みんなに感謝、今まで支えていただいた皆さんに感謝しながら 人生後半戦を楽しんでいきたいと思います。

「為せば成る」 どんなことでも強い意志を持ては必ず成就する

一緒に乗り越えていきましょう!

加藤マチャアキ

 

加藤 マチャアキ(かとう まちゃあき)

歌手、ダンサー、作詞作曲家(日本音楽著作権協会会員) 山形県を中心に東北各地で、司会、ショーライヴ、ローラースケートショー、イベントなどの総合プロデュース業やラジオパーソナリティとしてメディアの仕事を展開中。 HIP HOP DANCE TEAM『The Groovy 75』代表であり、有限会社 『中華食堂 永和軒』の代表取締役として経営者の顔も持つ。

●ホームページ:https://machaaki.net/